妊活経験

女性にとって妊娠と出産は、結婚の次にまたはそれ以上の幸せなことだと思います。
本当に愛しているパートナーとの間にできる赤ちゃん、その誕生を心から望んでいる女性は少なくありません。

でも、世の中では不妊に悩んでいる女性も多く、妊娠活動をしてもなかなか妊娠できないこともあります。
妊娠する確立を調べても、人それぞれ言い分は違い経験者でもわからないことが多いようです。

ある人の経験では、半年以上週に1回ペースでセックスしたところ、妊娠はしなかったそうです。
でもあることを心がけていると、その半年後にはパートナーから妊娠を告げられたそうです。

実際、本人の方は男性としての「種」が無いと思っており、半分諦めていたようですが努力を重ねた結果、パートナーの女性が妊娠をした事で凄く喜んでくれたそうです。
その事例を元に、調べてみると共通点があることに気づきました。

妊娠できない男女の組み合わせを除きますと、一番関係しているのは体調管理が凄く重要に思いました。
性別を判断するのは、男性側の影響が凄くあると言われているように、体調管理は凄く大切です。

妊活中に、男性がアルカリ性体質なのか酸性体質なのかで、どちらを妊娠するか大体分かるようです。
性別をコントロールするのは男性側だと分かったところで、女性はその「種」を植える「畑」を整えておく必要があります。

男性が体調管理ができていても、女性の方が不規則の状態では妊活しても妊娠する可能性は低い。
不妊に悩んでいる状態も、体にしてみればいい状態ではないと思います。
逆に、女性の方が体調万全で男性の方に原因があることもあります。

お互いの体調がよくて妊活することで、念願の妊娠することができるのです。
妊娠したいと強く願っても、それはストレスとなり体のホルモンバランスを崩す可能性もあります。
ホルモンバランスが崩れると、妊娠に必要な成分が失われてしまい、不妊という結果になるのです。

不妊経験者はそれを分かっており、心理状態を安定させるように本を読んだり、
失われた栄養素を補給する為に、サプリメントを飲んで体調管理をしているようです。

妊娠する時に「タイミング」が必要と言われていますが、そのタイミングはお互いの体調がベストな状態に妊活をすることなのではないでしょうか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中